--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    これなら敵と戦える。kamehameha(かめはめ波) After Effects

    2010年08月27日 11:45

    kamehameha(かめはめ波)途中経過『After Effects』 ダイスケ かなり出た-

    前回UPしたところから、調整に調整を重ねなんとか
    それっぽくなったと思います。しかし、今手元にある
    After Effects 6.0 standard』では厳しくなってきました。


    今回は『波動』の見栄えだけでなく、
    画面の揺れ、音も入れてみました。

    後はオチをつけて完結させたいです。

    資料として観ていた海外の『かめはめ波動画

    最後は瞬間移動で去っていって終わります。
    う~~ん。
    こんな感じかなあ~


    以下『After Effects』について学んだマニアックな内容になっています。
    興味があれば読んでみてください。

    After Effects 6.0 standard』には
    「モーショントラック」と「フラクタルノイズ」がないために
    無駄な手間がかかるうえ、不自然な部分が随所に…

    モーショントラックとは
    指定したポイント(色)を追いかける機能。
    今回だと手に指定しておけば手の動きと連動して
    『波動』が動きを追いかける。

    参照サイト
    http://ae-style.x0.com/tips/t03.html

    『6.0 standard』には、その機能がなかったため1コマずつ
    手動で動きを指定しました。(泣)


    フラクタルノイズとは
    自然な動きを演出する機能。
    今回だと波動を貯める部分の輝きに
    この機能を使えばもう少し自然な輝きを出せたはず。

    参照サイト
    http://ipismsideb.blog8.fc2.com/blog-category-10.html

    機能がないために、カタイ感じがして
    できの悪いCGの雰囲気が丸出し。


    After Effects』の『CS5』も欲しい~~
    人気ブログランキングへ
    関連記事


    コメント

    1. えるずマン | URL | dzHSuVsY

      すげぇええええええ

      いいな~、こんな技術あったら、楽しいのでしょうね。

       いいな~
      すごいな~

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dysfac.blog76.fc2.com/tb.php/125-bbdd0928
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。