--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2010 いな耐参戦記 後編

    2010年09月01日 20:37

    危ない ユウスケ 色々と痛かった

    はい、どうもこんばんは。

    先々週から引っ張ってきたユースケのレース参戦記ですが、
    ようやく今回で終わります。

    皆様、お付き合いありがとうございます!
    (元から付き合ってなどいない・・・なんて言わせない!)


    え~~、前回は予選で焦ったユースケが前のバイクに追突したとこまで書きました。
    今回はそこからゴールまでです。
    予選で愚かな転倒により、中ダメージを負ったバイク。
    とにかく30分後に始まる決勝までに直さねば!ってことで、早急に修復にかかりました。

    曲がったブレーキレバー・ステップを交換し、液漏れしてるブレーキの修復。
    元々汚かった外装は路面との接触により傷が増え、さらに汚く・・・。
    しかし、今はそんなことで悩んでてもしょーがないので、気にせず直す。


    修復が終わり走れる状態になった時には、既に他の参加者は全員コースへ並んでいました・・・(汗)
    オフィシャルの方にも手伝っていただき、ぎりぎりでコースへ。
    なんとか決勝は走れることに。

    ユースケチームのスタートライダーはさっすん。
    今回のレースはルマン式スタートですが、通常のエンジン停止状態からではなく、エンジンをかけた状態でスタート。

    シグナルが10秒前になり、カウントダウン・・・。
    3・2・1・・・スタート!!

    全員がバイクに駆け寄り一斉に走り出す!!

    、さっすんがまさかのエンスト・・・。

    みんな1コーナーを過ぎる頃に、どんけつでやっとスタート。
    あああ、予選での苦労はナンダッタノカ・・・。

    と、悶えてる間に1周目が終わり、さっすんはドコダ?と確認すると、何台か抜いてました!
    その後も、何台抜いたかわからない程に抜き、順位も予選順位とほぼ同等まで追い上げてくれました。

    いな耐/さっすん
    レース経験豊富なさっすん。丁寧なライディングで順位を挽回!


    さて、そうこうしてるうちに、最初のライダー交代の時間になりました。
    さっすんから、今回が初レースのやーくんがコースイン!

    めっちゃ緊張してましたが、コースに出るとスムーズに走ってる。
    さすが隠れた逸材!
    混雑したコースでも、トラブルなく走ってます。

    いな耐
    『へっへー、俺様は速いze!』と言ってるかは謎。


    やーくんがポジションキープをしてくれ、次のライダーさっすんに。

    本来なら、他のライダーが走るんですが、ディグリー・やーくんは2人で1着のツナギを着まわす為、
    着替えの時間を取る間、さっすんが走行します。(これは非常に効率の悪い走行順・・・一人ハンデです)

    さて、さっすんの2回目の走行も終わり、お次のライダー、ディグリーに。
    この時点での順位ですが、わかりません(〃゚д゚;A

    何せ台数多いし、順位を表示してくれる電光掲示板は上位5台までしか表示せず。
    ここに載ってない時点で、5位以下は確定です。たぶん20位前後ぐらいやったと思います。

    いな耐
    ディグリー、気迫?の走行。空は1日こんな感じでした。


    そして、ディグリーの次はいよいよ“自称”エースライダーユースケの出番です。
    朝の予選での失態を挽回できるかというとこですが、気負い過ぎてめっちゃ緊張してます((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
    とにかく気持ちを落ち着かせて!と自分に言い聞かせ、コースイン。

    1周目はまず、バイク・コースの状況を確認しますが、どちらも特に問題なさそう。
    走っているときの方が落ち着いてきます。
    『これは朝コケたから吹っ切れたんか!?』とか前向きに考えてからは、どんどん気持ちが積極的になってきました。
    朝はあんなに手こずってた周回遅れも難なくパスできます。
    トップグループの集団にはエライ勢いで抜いいてかれますが、多少ならついていける!

    これは乗れている!!とちょっと自信回復しました。

    いな耐
    ユースケがでかいんやない。バイクが小さすぎるんや!』


    走行途中で、もう1つのテキサスチームにも遭遇。
    急遽、決勝当日から乗ったバイクで頑張ってます。

    いな耐
    『このバイクはもっと小さいわ!あっ!!こっ、腰が・・・』


    30分の走行はあっという間に過ぎ、ピットインの指示が。
    次はゴールまでの30分間を走るだけです。

    このまま、何事もなく過ぎて行きそうやな~なんて思ってたら、テキサスチームのバイクが転倒してる・・・。
    テキサスチームのリーサルウェポン・ぐっさんが走行中に、後ろから追突されたようでした(´・ω・`)

    しかも場所は、朝、ユースケが追突したのと同じ場所。
    悲劇は繰り返されるのか・・・と思っていたら、今度はやーくんが転倒!!!

    バイクはエンジンがかからない様で、押して帰ってきている。
    オフィシャルに助けられながら帰ってきたバイクは、朝の転倒より更にデストロイヤー状態・・・。

    幸いやーくんに怪我はなさそうやけど、修復に時間がかかりそうです。
    ハンドル周り・ブレーキ周り・ステップetcとダメージはかなりありそうです。

    いな耐
    チーム一丸でバイクを直す。


    どれほど時間が経ったのか。30分?1時間?
    時間間隔を忘れるほど必死に直した甲斐あって、何とか走行できる状態になりました。

    もうこうなったら順位云々より、完走を目標に切り替え走るだけ!

    4時間のレースも残りは55分。
    残りをさっすん15分、ディグリー15分、ユースケ25分で走ることに。

    果たしてちゃんとバイクが走るのか不安はありましたが、さっすんは問題なく走行してます。
    次のディグリーも、同様に安定して走ってます。

    ついにチェッカーまで25分のところで、ユースケに交代しました。
    転倒し落ち込むやーくんに『絶対ゴールしよな』と声をかけ、コースイン。
    多少ハンドルが歪んでたり、ブレーキレバーが変な方向に曲がってますが、走行には問題ない。
    というか、不思議とエンジンの調子が良い・・・。なんでや・・・?

    問題がないとわかると、またもや気持ちが高ぶってきました。
    『完走が目標だから無理しない』と思ってた気持ちも徐々に薄れ、ひたすら前を抜いていく。

    そして、ゴールまであと数週だろうという時に、自分よりも速い2台に抜かれたので更にペースアップ。
    抜いても抜いても出てくる周回遅れを交わしながら、積極的に前にくらいついて行きます。
    遂に、ゴールまであと2周。
    3台の周回遅れの集団に混じりながら、1コーナーに入って行きました。

    遅い3台のうち、1台はオーバースピードで突っ込んだためか、大きく膨らむ。
    つられて残り2台もアウト側へ膨らむ。
    これはチャンス!とばかりに、ユースケを含めた3台の集団の先頭のバイクがインを刺す。
    ユースケはスピードの落ちた遅い3台を、アウト側から抜きにかかりました。
    しかし、遅い集団の1台がイン側へ戻ろうとしている。
    そこを更にインから刺すバイク。

    突如としてインを刺された遅いバイクはビックリ!してバイクを起こす。
    が、避けきれずに接触転倒!
    転倒したバイクはそのままアウト側から抜きにかかっているユースケの真横に滑って来て・・・・

    ドカンとぶつけられました。もちろんワタクシも転倒。
    ゴールまであと2周やのに~!!(怒)と思いながら地面を転がり、ようやく芝生で停止。
    体の痛さとやり切れない気持ちのため、なかなか立ち上がることが出来ませんでした。

    結局チェッカーを受けることは出来ず、悔しさだけの残る結果となりました。

    もう、あんまりにも悔しいんで次のいな耐(10月3日)も参加してやろうと思います。
    もちろん次は完走を目標に!いや、あわよくば表彰台を目指して!


    読んで頂いた方、ありがとうございました。



    体も痛いが、財布はもっと痛い!
    人気ブログランキングへ































    関連記事


    コメント

      コメントの投稿

      (コメント編集・削除に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL
      http://dysfac.blog76.fc2.com/tb.php/126-bbfa1fe2
      この記事へのトラックバック



      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。