--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    富沢選手

    2010年09月09日 21:39

    MotoGP/富沢祥也 ユウスケ Rest in peace.

    今朝、外出て『秋やなぁ~』と感じた人、多いんじゃないでしょうか。

    神戸は涼しいどころか、ちょいひんやりしてました。
    ソースケにうつしてしまった夏風邪がぶり返さないか心配だ・・・。


    さて、画像のライダーはMoto2クラス参戦していた富沢祥也選手です。
    ご存知の方もいると思いますが、彼は5日に行われたサンマリノGPのレース中のアクシデントで帰らぬ人となりました・・・。
    富沢祥也がレース中に事故死/サンマリノGP

    ちょうど家に帰ってきて、『MotoGPやってるかな~』と思い、TVをつけたら悲しそうな声のアナウンサーが
    富沢選手の死亡を伝えていまいた。
    最初は何のことか理解すら出来ませんでしたが、残念ながら本当だと分かったときはめちゃくちゃ悔しかったです。

    富沢選手はまだ19歳で、将来を期待されていました。
    今年から新たに始まった『Moto2クラス』で、開幕戦のカタールGPでまさかまさかの初優勝を飾り、
    一気にトップライダーの仲間入りし、国内外問わず注目されてました。

    ユースケも2回目の記事で富沢選手の初優勝について書いてました。

    それやのに、こんなことになるなんて・・・。
    バイクに限らず、モータースポーツ全般は他のスポーツに比べて確かに危険とはわかってますが、これじゃああんまりだ。

    富沢選手はライダーとしての才能はもちろん、周囲の人にも愛される人間性を持っていたようです。


    MotoGP/富沢祥也

    カメラを向けられるとこの笑顔。
    選手によってはタイムが出てない時や転倒した後は、カメラを向けられてもムッとしてますが、彼はいつでもニコニコ。

    うれしい時は思いっきり喜び、そうでない時も周囲を気遣える優しさを持つ、愛される人柄の持ち主だと思いました。

    そんな富沢選手は、同じMotoGPで闘うライダー達からも愛されていたようです。
    MotoGPライダーたちが富沢のアクシデントを悲しむ


    こういう悲しいアクシデントが起きた時は、もう一つ悲しい事も起こります。
    それは、日本でのモータースポーツの扱い。

    優勝したりチャンピオンを取った時は小さく取り上げ、死亡事故が起こった時“だけ”大々的に取り上げる。

    これじゃあ、モータースポーツに詳しくない人からしたら、『やっぱり危険な競技だな』ぐらいしか
    印象に残らないと思います。
    ゴルフやサッカーよりも日本人と日本製品が世界で活躍してるのに、不思議な国やなぁ・・・。



    MotoGP/富沢祥也

    富沢選手、今まで感動と興奮をありがとう!
    ゆっくり休んでください。

















    関連記事


    コメント

      コメントの投稿

      (コメント編集・削除に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL
      http://dysfac.blog76.fc2.com/tb.php/129-105d7d4a
      この記事へのトラックバック



      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。