--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『2010年鳥取の旅』 ~後編~

    2010年06月27日 23:54

    ユースケ そして彼は地獄を見た

    どうも~こんばんは。
    めっちゃくちゃ久々のユースケです!


    『はっ!?お前ダレ?』

    いやいや、おっしゃることはごもっとも!!
    実は、2週間ほど前に引っ越しまして、なかなか更新できませんでした!
    これから定期的に更新できるようになりましたんで、また読んでやって下さい。



    さて、前回は道の駅 久米の里・大山を経て、宿に到着したとこまで書いたんで、今回はその続きをいきます。
    今回の宿は、鳥取県にある、皆生温泉の宿に泊まりました。
    すぐ近くに海があったり、大通りから一本入ると大人の遊び場があったり・・・。
    いいとこですが、これといって特徴がないようなトコでした。

    で、翌日は朝から今回の旅最大の目的地『境港市』へ向けGO!!

    境港市。今話題ですね!
    今、NHKで放送してる朝ドラ『ゲゲゲの女房』や『ゲゲゲの鬼太郎』でお馴染みの、
    水木しげる先生の生まれ故郷です。

    境港市出身の水木先生を記念して、ここには『水木しげるロード』なるものがあり、
    しげる記念館(いきなり呼び捨てかい!)・土産物屋など結構観光客で賑わってます。

    そのロードに何体も置いてあるのが・・・



    水木しげる/妖怪

    デデン!妖怪のオブジェ。

    両方の歩道に等間隔ぐらいで、いろんな妖怪が置かれてます。
    これは、妖怪の割になんとも言えないかわいらしさがあったんでパチリ!

    が、肝心の名前がわからん!!
    どなたか知ってる方いませんか・・・



    お次はコイツ!


    水木しげる/サラリーマン山田

    鬼太郎なんかによく出てくる、『サラリーマン山田』
    って、こいつは妖怪ちゃう!


    いやでも、この水平な頭頂部にありえないほどの上顎前突!(でっ歯のことね)
    臼のような輪郭!
    こいつも立派な妖怪ということか!


    さすが、この旅一番の目的地だけあって、面白いものが多かった!
    ユースケ的には星2つのオススメ度です。


    水木しげるロードを離れて、お次は『美保関灯台』へ!


    美保関灯台/美保湾

    オオゥ・・・綺麗だぜ・・・。

    画像が小さいんで見にくいですが、下の方の岩場に釣り人がたくさんいます。
    さぞ、新鮮な海の幸が取れるんでしょうな。

    水平線の遥か先には異国があり、異国の人が暮らしていると思うと地球の大きさを実感します。


    ちょっと飛ばしますが、この後は島根県に入り、


    松江城


    国の重要文化財・松江城や、

    いろんな鳥と触れ合える『松江フォーゲルパーク』へ行きました。


    松江フォーゲルパーク/ふくろう

    『可愛く撮ってね☆』  
    ・・・コイツ、できる!


    この後はフォーゲルパークを出た時点で既に18時前になっており、急いで帰路につきました。




    しかし、この旅最大の試練はここから始まった・・・。

    出発の日の朝、快晴の空を見て『上着はいらんやろ!パーカーあれば十分!』
    と考えて出たのが間違い。



    夜さむ~~~~。
    風きつ~~~~。
    家まで遠っ!!

    あまりの寒さに、ほぼすべてのPAで休憩。

    最初は3時間ぐらいで着くやろと思ってましたが、なんとビツクリ!
    5時間近くかかってました。

    他のメンバーは、大阪府・奈良県・香川県から来てて、ボクが一番早いはずが、
    ダントツの最下位・・・。


    ナめてました。6月の夜のひんやりさをナめてました。

    最後の最後で試練を味わい、ある意味思い出に残る今回のツーリングでした


    いつかは北海道ツーリングに行きたい。
    人気ブログランキングへ











    関連記事


    コメント

    1. chiko | URL | y3Mk7MOs

      でたっ・・サラリーマン山田v-12
      v-416v-417v-419

    2. ユースケ | URL | -

      あかなめはもっと怖い

      >>chikoさん
      遅くなりましたが、コメントありがとうございます!

      サラリーマン山田も立派な妖怪やと思います。

      水木先生のマンガでは山田、藤子先生のマンガではラーメン大好き小池さんと
      名脇役キャラはなぜか印象に残りますね。

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dysfac.blog76.fc2.com/tb.php/94-3c519cbf
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。